自分が携わってきたWEB制作の現場を振り返ってみた話

RCWの代表、杉本です。
私は2006年に専門学校を卒業してから、現在(2019年.7月現在)までずっとWEB制作、WEB広告、グラフィックデザインの現場に携わり続けてきました。

自分でも振り返っていて、少し楽しくなってきました。

なぜなら、その携わり方とポジションは色々変化しながらも、
おおむね同じようなことをやり続けていたんだなぁと改めて気づいたからです。

その変化の詳細を記載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2006年 WEB制作会社入社
・アシスタントデザイナー
・自社と他社の名刺管理係
・htmlコーダー

・WEBデザイナー
(デザイン、htmlコーディング、Flashオーサリング)

2010年 所属会社の部署がそのまま会社に(分社)
それに伴い、立ち上げから参加させていただき、
会社のロゴをデザインさせていただいたり貴重な経験。
・WEBデザイナー

将来を見据えて、営業部に一度所属させていただく。
・企画営業部

それから約1年後。
・WEBディレクター
(プロジェクトマネージメント、案件の進行管理・ディレクション)

2014年 約8年間お世話になった会社を退社、フリーランスに。
・フリーランスWEB、グラッフィクデザイン

2015年 コワーキングスペースの立ち上げ、運営に携わる
2016年 WEB広告の会社のデザイン部門管理に携わる
・WEBデザイン、ディレクション、制作物管理

2017年 大阪産業創造館の起業支援を受ける
2018年 株式会社RCW設立
・WEB、各種デザインのディレクション
・WEBメディアの運営
・キャラクターデザイン、絵本の制作

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し長くなりましたが、ざっとこのような形。
これは一つのことを続けていると言ってもいいのでしょうか?

わりと飽きっぽいほうなのですが、
仕事だけはかなり深く考え抜いて、決めてきました。

「一生の中でもかなりの時間の割合をしめるものが、
好きでもなんでもないことやったら、耐えられへん!!!」

そんな風に思っていた若かりしころ。笑
その後、好きなことやってるはずなのに、
もがき苦しむという時期が長くあるとは思いもしてなかった。

少し話はそれましたが、
ずっと長くWEB界隈でお仕事をさせていただいてきて、
培ってきた技術やノウハウ、知識。

これを必要とする誰かのために行うことが、
私の仕事の大部分をしめています。

そんな私だからできることを
これからも追求していきたいと思っております。

P.S.
それぞれのポジションで働いていた頃に
流行っていたことや、習得した技術など。
深掘りして書いてみたいなと、記事を書きながら思いました。
ちょっと長くなったり、整理が必要なので、それはまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です