目的地を決める。完成させることが目的なの?

デザインを始めたころの「なぜ?」。

制作会社に入社した頃は、先輩のデザインデータを見るのがとても楽しかったことを覚えています。
ちょっとした余白のとりかたや、フォントの選び方、レイアウトする要素の大小の付けかた。

何からなにまで、“なぜ??”がとまらなかった。
※もともと、いろんなことに興味や疑問を持ちがちな性格ではあります。

「なんでこれは読みやすいんだろう?」
「同じ要素を使っているのに、なぜこんなに見栄えが違うの?」
「少し手直しを入れられただけで、大きく変わる!!」

何度もやり直したり、色々模索するんだけど、
一向に先輩のつくっているようなクオリティに近く気配がないんですよ…。

理由はのちのち、わかってきました。
単純に、

「今、どこを目指しているのか?」
「その目指しているところを表現するには、何をどうすべきか?」

シンプルに迷子になっていたのであり、
そこから抜ける技術も知識も方法も
もっていなかっただけ!でした。

自分が迷子になっている自覚すらなかったのかもしれません…。

実際につくるより、先にやるべき大切なこと

いろんな書籍やらネットの情報で語られていますし、
デザインという言葉がこれだけ世の中に一般化しているので
改めていうまでもないかもしれませんが、
デザインすることって、「色や形をつくる」ことだけではない。
ということ。わかっていても、
案外そういう感覚を持っている人が多いように思います。

それは、あくまでも一側面にすぎず、
それよりも重要といっても過言ではないことは、

・目指すべきところを定義する
・現状をしっかり分析、整理する
・自分たちならではの部分を一つに絞る

要は、つくるより前に
つくるものをあらゆる角度から見たり検証して
それこそ「なぜそれが必要なのか?」まで掘って整理して
目指すべきところを定義し、わかりやすい“言葉化”すること。

それが、とても重要。というか
結局そこが見えずにつくるということは
「かわいらしい雰囲気で!」とか
「スタイリッシュな感じで」みたいな
その人それぞれに違ってしまう感覚を
なんとなくでつくってしまって、
なんだかよくわからない中途半端なものになりがちです。

まず行き先を決める。明確に。

旅行に行く時、遊びに行く時、
「まずは行き先を決める」
そうですよね?

で、どうやって行くか(手段)も決める。

飛行機で、車で、電車で、徒歩で。

海外の場合は徒歩だけでは当然無理ですし、
わりと近場に飛行機で行くかどうかはコストや時間と相談する。

そうすると、目的地までにたどり着く時間がおおよそ見えてくる。

もちろん、目的地までには荷物を持って、
細かい移動もあったり、海外に行くなら荷物のチェックも受けるし
パスポートがない方は取得しないといけないし、
いろいろ必要なことを消化する必要がありますよね。

デザインやWEBサイトの場合、いつのまにか
つくること、その過程に注力しすぎて目的を見失ったり
完成することが目的にすり替わってしまっている状況があります。

もとを辿れば、そのデザインされたものや
WEBサイトからなにかしらの成果を得ることが
本当の目的のはずです。

そして、そんなことはわかっている!
はずなのに、なぜかそこにはまってしまうことがあるのです。
それを防ぐ方法はまた、制作の進行管理などの話になるので
今日はこのへんで!

P.S.
こんなことを語りながら、
ビジョンやありたい姿はイメージすれど
目の前のことに一生懸命になっていたら
ここまできた!という感じで、生きていきました。笑
なんだかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です