スイッチオン・オンの生き方

こちらの書籍はとある方から、オススメしていただいて、なんとなく気になっていたのでamazonでポチって読みました。

気になっていた理由としては、大きく2つあって。

一つ目は、この書籍の内容をざっくり説明していただいた時に、とても興味深く面白かったこと。

二つ目は、何度か講演会などでお世話になった「人間学を学ぶ」雑誌、致知出版社の書籍だったことです。

「それだけで?」って思われるかもしれませんが、
私にとって致知出版社との出会いはとても大きなものだったのです。

その点について少しだけ書くと、私が仕事でもプライベートにおいても、社会で心地よく上手に生きていくには「人間的な成長」、つまるところ「人間力」が重要なんだなぁと思い知らされた20代後半ごろに、「致知」という人間学を学ぶ月刊誌と出会いました。それをきっかけに、私は様々なものに対する見方や考え方が変化していきました。
「こんなに大切なことを、なぜこの歳になるまで知らなかったのか」と悔やまれるような思いがするほどでした。

もし気になる方がいましたら、致知出版社の人間学を学ぶ月刊誌「致知」を一度チェックしてみてください。
様々な分野で活躍される著名な方の言葉や、普段目にすることはなくとも、自分の人生を懸命に生きる方の言葉は、自信を磨き成長させたい人にとってはきっとためになると思います。
https://www.chichi.co.jp/

もとい。

内容については、この書籍の帯に驚くほど的確にまとめられているように思います。

遺伝子が目覚めれば、人生が変わる

1人の人間が持っている遺伝子情報は大百科事典3200冊分にも匹敵する。
しかもそのすべての情報が1粒の米を60億に分けたぐらいの極小スペースに入っている。
ノーベル賞をもらう天才と普通の人とは遺伝子レベル見ると99.5%同じ。

眠っている0.5%の遺伝子をどうやってオンにするか

あら?眠っている0.5%であってるんかな?
人は脳みその潜在能力のうち、10%程度しか使っていないとか、この本にも98%眠っていると。

また、人類のほぼ全員遺伝子レベルで見ると99.5%同じだと書いてあります。

たしかに、著名な方でも成功している経営者の方でも、「私は凡人だと思っているので、人よりたくさんの時間を費やしてきた」ようなことをおっしゃっています。
しかし、成功している方がそれを言っても、ちょっと「あなただからできたんですよね?」って思いがち。
でも、実はシンプルにずっとこつこつ積み重ねて辛抱強くチャレンジし続けているのかもしれません。
あのイチローさんもこうおっしゃってますよね。

努力せずに何かできるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうじゃない。

努力した結果、何かができるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうだと思う。

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

この本には、常識的な考え方では理解を超えるようなことがたくさん書いてあります。

でも、もしそれが本当であるならば、私たちは今の自分では想像できないような未来を創造できる可能性としてとらえることができるかもしれません。
また、後半には具体的に物事の捉え方や考え方をシフトすることで、「スイッチオン」にする方法が書かれています。

一度きりの人生、どうせなら思いっきり人生を堪能し挑戦したい、そんなように思える方にとっては勇気付けられる書籍だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です